Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

【20代前半独身女性派遣社員】新卒の正社員を辞めての派遣はやめた方がいい?

ぶっちゃけ、今の手取りは、正社員の時といくら違う?月収で4~5万円ほど差があって、もちろん正社員の時の方が多い。それでも不安じゃなかったのは、正社員の時の月収で、生活費を差し引いても半分以上余るような状態だったからかな。

【海外移住のための戦略的就活】外国学部出身でも語学は活かさない理由

「英語を使う機会があるかどうか」で選択肢が狭まってしまうことは避けたいから、就活の時にその観点は意識しなかった。海外で働こうと思ったら、僕の第一言語が英語(現地語)でない分、言語の差分を仕事で埋める必要がある。そこをどうやって補うかを考え…

海外の4年制大学と日本の大学の大きな違い|日本では東大だけ!?デメリットも  

日本の大学生活は『人生の夏休み』と揶揄されることがあるけど、興味のある科目を自由に取った上で、好きなことを勉強し続けるためには成績を上げる必要があれば、大学でも真面目に勉強をする人が増えると、僕は思うよ。東大は、日本の大学にしては珍しく2年…

【コロナ前vs禍大学生活】大学選択に悩める高校生必読!都会へ進学した地方出身者4人の対談

教授に質問がしやすいのがリモートの良いところなんだよね。僕は留年しているし、今までも学科の中では落ちこぼれな方だっていう自覚がある。だから、授業が終わった後に皆の前で質問しに教授の所へ行くのはめっちゃ心理的ハードルが高いんだよ。「こんな質…

韓国人上司と働き方についてモメた話|休日出勤×短納期×長時間労働!?

なぜ韓国の人はそんなに一生懸命働きたがるの?分かんないですね(笑)特に若い人の間では意識が変わってきていて、休日に休むのは当たり前(になりつつある)。ただ、僕らの上の世代には、会社と自分を一心同体のように考える人がいるのも確か。

【コロナ禍のアメリカ】新卒の就活・雇用状況|大卒もアルバイトやインターンは普通

アメリカでのインターンは本当に使い倒しみたいなの身分なのよね。時給が低いことは当たり前だし、フルタイムと同じ業務内容をさせるのに、交通費だけ出す会社、更には一切賃金を出さない会社まである。若者がいざ仕事へ応募しようとすると、求人票には「〇…

歯医者さんで夫婦別姓制度について考えさせられた"面白い"話 |「気にするな」と言われても

「やっぱり日本は・・・」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、結婚した時に女性の方が男性の苗字に変えることが多いのは、私の知る限り先進国と呼ばれる国において、まだ万国共通な部分があります。結婚に関して日本よりもっと保守的なポーランド…

英語学習もダイエットも続かない人よ、自分の意志を過大評価してない?

「口だけ宣言後続かない病」の具体的な例としては、「1年後には英語をペラペラに話せるようになる」や「ダイエットする」などと言っておきながら、いつまで経っても成果を上げていない人が陥る”病(やまい)”のことを指します。今この記事を読んでくださって…

Teach For Japanで教育に携わる研修生の思い | 応募までの過程や日本の教育課題について生の声

個人的には、チェンジメーカーになれる人、なりたい人を強く求めていると感じた。Teach For Japanでの活動を通して何かを「変えろ!」ということだけではなくて、Teach For Japanでの2年間が終了した後も、色んな手法を使って社会にインパクトを与えられる人…

【ポーランドの英語事情】アメリカ人も驚くレベルの高さ|歴史的背景と英語教育課程

ポーランド人には、外国語を習得することに対し意識が高い人が多い。それは、ポーランド語が大国の言語ほど使用率が高くないことに加え、「下に見られたくない」「同等に扱われるためには、外国語の習得が不可欠だ」と思うに至る歴史的背景があると考えられ…

【100 Humans】笑い9割涙1割Netflix実験リアリティーショー|アメリカらしさ満載の少し変わった番組紹介

Netflixに2020年に登場したアメリカのリアリティー番組"100 Humans"が色々と面白いので、ご紹介したいと思います。残念ながらこちらでの評価は10段階中5.7とかなり低いですが、真剣に物事を考えるというよりは、面白半分でお笑いリアリティーのような感じで…

ヤギェウォ大学卒業から若手女性起業家へ|留学先ポーランドと出身地日本の大きなポテンシャル

接点が少ないポーランドと日本の関わりを、文化面、ビジネス面から強めていこうと、学生会議の立ち上げ、一般社団法人化、起業等、実に数多くの活動をされています。ポーランドに興味を持ってくださる方が増えるといいなと思っています。

【アメリカの人種差別】黒人の価値は白人の5分の3だった!?

五分の三条項っていう条項があって、黒人は白人の5分の3の価値しかないと定められていたこともあったわ。だから、昔のプロテストは、投票権、財産権、白人と同じ学校へ行く権利、同じ水を飲む権利、同じ場所にいる権利、同じ機会を得る権利などを得ることを…

農業界に新卒で就職した女性の本音|農業は儲けられるし、キツくない!?

ピーマンの畑の統括をされているのはその女性課長。つまり、その女性課長は、日本一の数のピーマンを束ねていると言っても過言ではないってことか(笑)その方は、各地にあるピーマン生産地のリーダーをまとめたり、収穫の予想をしたり、取引先と販売量と価…

【高校の英語教師を目指すことを辞めた理由】カナダ留学で実感した日本の田舎の高校生を取り巻く環境の過酷さ

今の教育方法だと、高校2年生の時点でその可能性が無くなるじゃんか。ってことは、生徒がどれだけ色んなことに挑戦したい気持ちを持っていても、それを挑戦させてあげられる環境が整っていないんだよね。一方カナダでは、現地の大学1、2年生と接する機会も多…

中国人面接官が優秀すぎて、日本の新卒採用大丈夫?と思ってしまった話。オンライン移行で更に際立つ相違点

その面接官(たち)は全員中国人なのですが、「彼らってやっぱりすごいな~」と思う点がいくつもありました。中国人面接官は、2人は10分~15分程度、1人は仕事内容の詳しい説明も兼ねての面接だったので、それでも30分が最長でした。

海外大卒に必要な場合が!学士論文ディフェンス|何それ楽しいの?

ディフェンス前は数日間ずっと緊張し、ソワソワしていました。「分からない質問をされたらどうしよう」「これ受からなかったら、今までやってきたことが全部水の泡になる」「パスできなかったら、学費無駄になるよね・・・」などと考えていたからです。これ…

田舎からアメリカ、そして推薦入試で東大へ。初めて味わう挫折

教室に行っても汗をずっとだらだらとかいてる、みたいな。しまいには、3年生の6月くらいに、教室に入るだけで、息が上がって呼吸がしにくい状態になってしまった。僕は、それまで、メンタルヘルスの問題は他人事に感じていたふしがあったけど、とても勉強で…

海外大生が日本式就活に臨むのが難しい理由5つ&対策法

「こんな感染拡大が続いている状況下でも、まだこんなこと続けるのか」と30%の怒りと、30%の呆れと、30%の焦りと、10%の空虚感で心がいっぱいになったので、あえて、いかに日本式シュウカツが内定と意義を説明できないルールにこだわっているかを表した…

【オンライン交換留学】スペインの大学で後期取った科目の課題や試験

2月中旬に、一時帰国していた日本からスペインへ戻ったものの、3月14日にはスペイン全体が「警戒事態」に入ってしまい、大学のキャンパスも封鎖されてしまったので、後期は完全にオンライン交換留学だったと言っても過言ではありません。今回は、オフライン…

「痩せたい」あなたへ~ダイエットを始める前に聞いてほしいことがあります~

妹が高校生の頃、そもそも痩せているのに「もっと痩せなきゃ」と言って、若干拒食症のような時期があったんですね。その時に「なんでそんな痩せる必要があるんだろう」と思ったのがきっかけです。やっぱり日本人男性は細身の女性が好きなのでしょうか?恐ら…

【ポーランド休学留学】今に繋がるクラクフでの学び~元外大生の訳ナシ物語~

朱花さんは、2019年4月に新卒で入った会社を辞められ、現在は、ポーランド登記の有限会社ASAGAO sp. z o.o.や、日本ポーランド青少年協会という一般社団法人で活動をされたりしています。仕事を辞めた現在へ至るまでの経緯も、朱花さんの休学中のポーランド…

都市封鎖から3か月に渡るポーランドの様子~コロナ禍での生活の変化~

早速だけどポーランド、中でもカットのいるワルシャワとワルシャワ郊外の現状を教えてほしい。3月4日にポーランドで初の感染者が確認されたんだけど、政府は3月15日には国境を閉鎖したんだよね。今(6月20日)はもう国内での制限が緩和され始めて1ヶ月ほど経…

コロナ禍で若者を取り巻く韓国の状況|失業率が高まる中新卒で就職が決定した大学生の声

失業率が高まる中、いわゆる新卒である大学生Aは、就職することができ、働き始めて1週間が経ちました(6月22日現在)。今回もインタビューを引き受けてくれてありがとう。ただ、なんか痩せた!?まあ最近緊張してるから痩せたのかな?

【COVID-19関連】5月中旬~6月上旬スペインの様子|日本帰国後の比較

スペイン政府は5月4日より、フェーズ0から3まで設け、段階的に規制緩和をし始めました。6時~11時、20時~23時の運動のための外出が可能になった時には一気に人気が増えました。マスクは全員が着用しているわけではありません。運動のための外出許可が出され…

【関西空港】コロナ禍欧州からの6月上旬帰国便フライト状況|KLMオランダ航空

4月、5月は、欧州から日本へ行く便がかなり少ない、航空券が高い、また予約できても急にキャンセルされる等の自体が相次いでいました。今回私が利用させていただいたのは、KLMオランダ航空です。個人的な都合から関東ではなく関西に飛ぶ必要があった為、6月…

コロナ禍のスペイン国内線フライト状況|イベリア航空でアジア人のワタシが国内移動

コロナ禍のスペインですが、段階的に規制が緩和されてきており、6月5日現在、スペイン国内の航空での移動は、本数が大幅に減らされてはいるものの、可能となっています。 私は大学での授業と試験が全て終了し、日本へ帰国するのですが、住んでいる街からパリ…

【教訓5か条】留学先で理不尽な人に付き合わされる羽目になった時に覚えておくこと

先日の記事で留学先での理不尽極まりないトラブルをお伝えしましたが、今回はそこから学んだ教訓5つをシェアします。自分がいくら気を付けていても、悪いことをしていなくても、人生に不運がもたらされてしまうことがあります。それは留学先でも同じです。フ…

【警察まで登場】留学先で最悪なフラットメイトとの3か月に渡るバトル|本当にあった恐ろしい話

この度3か月も同じ空間にいたフラットメイトは、今までの寮やアパート生活で共に過ごしてきた中で群を抜いて、堂々たる1位の迷惑行為を繰り返してきました。もはや、迷惑行為なんて通り越して、名誉棄損罪とか軽犯罪のレベルでした。ほんとに。今回は、もし…

海外の若者の自己肯定感が高い理由|日常生活から考える日本との比較

突然ですが、皆さんは自己肯定感が高いですか?また、若かった頃高かったでしょうか?大概の日本人のはこの質問にハッキリYESとは答えないでしょう、たとえそう思っていたとしても。日本の若者が「自分について誇りを持っているもの」で最も数値が低いのが容…