Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

ヴォイス

アメリカの黒人女性に聞くタフな質問|読めば2020年アメリカ社会の全てが分かる!?日英両訳付き

五分の三条項っていう条項があって、黒人は白人の5分の3の価値しかないと定められていたこともあったわ。だから、昔のプロテストは、投票権、財産権、白人と同じ学校へ行く権利、同じ水を飲む権利、同じ場所にいる権利、同じ機会を得る権利などを得ることを…

農業界に新卒で就職した女性の本音に迫る|農業は儲けられる可能性が沢山ある上、キツくない!?

ピーマンの畑の統括をされているのはその女性課長。つまり、その女性課長は、日本一の数のピーマンを束ねていると言っても過言ではないってことか(笑)その方は、各地にあるピーマン生産地のリーダーをまとめたり、収穫の予想をしたり、取引先と販売量と価…

鳥取から海外挑戦への道|英語教員を目指す中、カナダ留学で実感した日本の田舎の高校生を取り巻く環境の過酷さ

今の教育方法だと、高校2年生の時点でその可能性が無くなるじゃんか。ってことは、生徒がどれだけ色んなことに挑戦したい気持ちを持っていても、それを挑戦させてあげられる環境が整っていないんだよね。一方カナダでは、現地の大学1、2年生と接する機会も多…

中国人面接官が優秀すぎて、日本の新卒採用大丈夫?と思ってしまった話。オンライン移行で更に際立つ相違点

その面接官(たち)は全員中国人なのですが、「彼らってやっぱりすごいな~」と思う点がいくつもありました。中国人面接官は、2人は10分~15分程度、1人は仕事内容の詳しい説明も兼ねての面接だったので、それでも30分が最長でした。

アメリカ高校交換留学から東大へ|奇跡の推薦入試合格から初めて味わう挫折

タイトルだけ見て、「なんだこの人すごそう!自分とは住む世界が違うじゃん!」と思った方、安心してください。今回インタビューに応じてくれた(2020年9月現在)東大生S氏は、皆さんが思うほど、そこまですごい人物ではありません。ただの、運が最強な男で…

海外大生が正攻法で日本式シュウカツに臨むのが難しい理由5つ&対策法

「こんな感染拡大が続いている状況下でも、まだこんなこと続けるのか」と30%の怒りと、30%の呆れと、30%の焦りと、10%の空虚感で心がいっぱいになったので、あえて、いかに日本式シュウカツが内定と意義を説明できないルールにこだわっているかを表した…

「痩せたい」あなたへ~ダイエットを始める前に聞いてほしいことがあります~

妹が高校生の頃、そもそも痩せているのに「もっと痩せなきゃ」と言って、若干拒食症のような時期があったんですね。その時に「なんでそんな痩せる必要があるんだろう」と思ったのがきっかけです。やっぱり日本人男性は細身の女性が好きなのでしょうか?恐ら…

【教訓5か条】留学先で理不尽な人に付き合わされる羽目になった時に覚えておくこと

先日の記事で留学先での理不尽極まりないトラブルをお伝えしましたが、今回はそこから学んだ教訓5つをシェアします。自分がいくら気を付けていても、悪いことをしていなくても、人生に不運がもたらされてしまうことがあります。それは留学先でも同じです。フ…

海外の若者の自己肯定感が高い理由|日常生活から考える日本との比較

突然ですが、皆さんは自己肯定感が高いですか?また、若かった頃高かったでしょうか?大概の日本人のはこの質問にハッキリYESとは答えないでしょう、たとえそう思っていたとしても。日本の若者が「自分について誇りを持っているもの」で最も数値が低いのが容…

外国人として暮らす私が思う「文句があるなら母国に帰れ」は半分正しい理由

タイトルを見て「外国人?」と思われた方もいらっしゃると思うので、先に私の立ち位置を明示しておきます。先述したように、私はスペインに留学生として住んでいるので、「外国人」と書きました。当然ですが、日本に戻れば「外国人」扱いはされません。

英語が使える子を日本で育てるために親ができること | 実体験を元にご提案

英語が「使える」「できる」は人によって基準が異なりますが、私がこの記事で意味する「使える」は、「海外の大学で文献を読み、講義を聞き、議論に参加できる」だけの英語力が備わっていることを差します。高校卒業までは日本の田舎で生まれ育ち、特別な英…

「忙しい」を言い訳にする人と付き合ってもロクなことがない理由

周りに「忙しいから〇〇できない。△△ちゃん、やっといてくれない?」「あ~、今日も忙しかったから疲れた。◇◇は明日にしよ」など、忙しさを言い訳にしている人はいませんか。言い訳どころか、「忙しい」が口癖になっている人が思い浮かぶようだったら、それ…

ヨーロッパに留学をしたいなら冬に一度訪ねてみることを勧める理由|憧れだけが先走ってない?

このブログへたどり着いてくださった方の多くは、ヨーロッパへの留学、ポーランドへの留学に興味がある人が多いのではないかと思いますが、今回は私自身の体験を踏まえて、何故ヨーロッパに留学するなら冬に一度でも訪ねてみるべきなのかを解説します。

【ネタバレ有】こんなに不愉快になった映画は初めてだ『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』

しか~し、ハッピーな気持ちになろうと思って観た2月12日にNetflixで公開されたばかりの『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』を観て、非常にアンハッピーにな気分になりました(泣)と同時にやる気スイッチが入ったので良いんだか悪いんだか分かりませんが…

【就活】死にたい気持ち・沈んだ気分の時に観る動画|辛い思いをしている人は世界中にいるよ

「自分は一体どこで道を間違えたんだろう」「自分はどこからも必要とされないのかな」「確かに自分なんていなくたって社会は回るよね」「自分にもっと能力・才能があれば」「あの時こうしとけばよかったかな」などとふと思うことはあり、こういったネガティ…

日本の大学 vs 海外の大学『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』を読んで受けた衝撃

高校生のうちに読んでいたら、もっと早くに海外への正規留学を決断していたかもしれません。海外かぶれは大嫌いで、「ほらみろ、海外の大学はこんなに凄いんだ!」「日本の大学は全部クソだ!」なんて言うつもりはありませんし、そんなことは微塵も思いませ…

海外大学合格から渡航までの期間にしたこと・すべきこと10選|失敗談も含めてのアドバイス!

かなり前に問い合わせで、大学合格後から渡航までにしたことを教えてほしい!と質問を受けていたのですが、個人的な都合でかなり先延ばしにしてしまっています。質問者さん、すみません。また、貴重なご質問ありがとうございます。というわけで、今回は、ポ…

【ヨーロッパ】難民キャンプ支援ボランティアに短期間参加してみて考えた社会と日本の在り方を考察

2018年から2019年の年越しは、難民支援のボランティアを一緒にした仲間たちと過ごしました。これはこれで素敵な思い出になったのですが、今回はこの年越しの話ではなく、難民支援のボランティアに1週間関わってみて、率直な意見と感想、日本も難民を受け入れ…

【韓国学歴社会の実態】就職は?幼少期から勉強漬け?|韓国人大学生のリアルな声と最近の韓国社会

今回インタビューに応じてくれたのは、SKY(ソウルにある三大名門大学の通称)のうちの一校に通う韓国人大学生Aです。Aはネイティブより綺麗な日本語を遣うほど、日本語が堪能なので、この記事を前にシェアして読んでもらっています。

【英会話のLOBi(ロビ)】日本人が英語を話せるようになるメソッドを新たな視点から徹底追究!株式会社LOBi代表高村氏にインタビュー!

今回は、2015年設立の英会話のLOBi(ロビ)・代表の高村創(たかむらそう)様に、英会話のLOBiについてはもちろん、LOBi設立までの経緯、苦労話、英語に向き合う姿勢などなど、マシンガンのごとく質問責めをしました(笑)英会話をしようか悩んでいる人もそうで…

【英語】きっと日本人のごめんはSorryじゃない件|誤解を生まないように気を付けよう

日本人がごめんを口にする回数より、圧倒的に少ないなと感じています。日本人がごめんを意図して言うSorryと、こちらヨーロッパ出身の方々(もちろん国や個人によりますが、今回は相対的な話をします)のSorryは重さが違う、というのが私の結論です。

日本のインターンはなぜ説明会と呼ばないの?海外で働きたい人は少し注意が必要!

「おぉ~、やっと日本でもインターンを受け入れ始めたのか~!働き方とか就職方法も多様になっていくんだろうな~。わーい!」とプチ感心していた矢先、顎が地面い着きそうなほど、口があんぐりした事実を見つけてしまいました。「え、これインターンシップ…

気候変動ストライキに人生で初めて参加して消えた偏見|若い子のパワーの凄さ!でも感じた違和感

#FridaysForFuture #climatestrike などのハッシュタグでSNSを中心に世界中へ多く拡散され、世界各地で大規模な気候変動ストライキが2019年夏頃から起こっていますね。ちょうど国連・気候行動サミットが開かれていた週で、グレタさんがあのスピーチを行った…

したいことが決まっていないのってそんなに悪いこと?|人生100年ボチボチでいいじゃん

しかし、「あれだけ将来像をしっかりと持っていたのに、私は一体どうしてしまったのだろう。大学の勉強は割と楽しいし好きだけど、これを仕事にしたいかって聞かれたら、う~ん、なんか違うぞなぁ。てか、そもそも私にはこれといったスキルもないのに、仕事…

「旅行連れてって」と友人に気軽に言ってはいけない理由

国内旅行はもちろん、情報へのアクセスが簡単になり情報量も増え、海外旅行もしやすくなりましたよね。今回は、そんな旅行について、友人同士で旅行に行く際の注意喚起をしたいと思います。旅行好きな友人同士の場合であれば、お互いの得意不得意を補い合い…

留学すれば・海外に行けば彼氏ができるのか|日本人はモテる!?についてモノ申す

経験は全くもって豊富ではない、というか限りなくゼロに近いので、お手柔らかにお願いします(笑)確かに、皆さんも、全体的に、海外の文化の中で育った男性方が好きになりやすい女性のタイプは、日本の文化の中で育った男性方とは少し違うことには、薄々気付…

「よく旅行する=お金持ち」と思っているバカがまだいる衝撃

このブログでは、何度か旅行に関する記事を挙げていますが、この間、少しビックリ&イラッとしたことがありました。「へぇ~、そんな人いるんだ~」と、同情してくださると嬉しいですが。もし「よく旅行するってことは、お金持ちだからでしょ?」と思ってい…

お客様は神様?いいえ、人間です。この国では客の力が強すぎる(# ゚Д゚)

1回目、一時帰国した時から思っていたことですが、日本って本当に素晴らしい国だなと改めて感じさせられています。特にコンビニ最高!!!ただし、1つだけ「ちょっとこれは・・・」と思うことが。

ジム通いが続いた7つの秘訣ジム ー 初心者向けの心構えガイダンス

私事ですが、6か月間学生割引を利用して10月~4月の間ジムに通っていました。ポーランドは、冬の寒さが長く厳しく、日照時間が一番短い時期には、16時頃には暗くなってしまいます。 いくら運動好きでも、さすがにマイナス3度、4度(下手をすればマイナス10度…

ヨーロッパ留学前準備のアドバイス~これだけは絶対にしておきたい唯一のこと!

「留学する前の準備はどんなことが必要ですか?」という質問はこれから留学を控えている方の多くが抱いていることだと思います。私はポーランドの大学で国際関係学を専攻していますが、ポーランドだけでなくヨーロッパに今後進学、留学される方へのアドバイ…