Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

世界の若者

気候変動ストライキに人生で初めて参加して消えた偏見|若い子のパワーの凄さ!でも感じた違和感

#FridaysForFuture #climatestrike などのハッシュタグでSNSを中心に世界中へ多く拡散され、世界各地で大規模な気候変動ストライキが2019年夏頃から起こっていますね。ちょうど国連・気候行動サミットが開かれていた週で、グレタさんがあのスピーチを行った…

したいことが決まっていないのってそんなに悪いこと?|人生100年ボチボチでいいじゃん

しかし、「あれだけ将来像をしっかりと持っていたのに、私は一体どうしてしまったのだろう。大学の勉強は割と楽しいし好きだけど、これを仕事にしたいかって聞かれたら、う~ん、なんか違うぞなぁ。てか、そもそも私にはこれといったスキルもないのに、仕事…

ポーランドの就職事情|若者の職探し・ワーホリ・在学中インターン・大学卒業後はどうしてる?

ポーランドには就活みたいなのある?いや、ないね。あれはやっぱり日本特有だと思うよ。ポーランドでは、あまりコロコロすぐに仕事先を変えるのは良いと見なされていないけど、2~3年経って、キャリアの成長を考えて、違う経験を求めて仕事先を変えていくの…

【前編】ポーランド出身のスーパーモデルが始めた#sexedpl |ポーランドの性教育・性事情・ルッキズム

前編は主に、ビクトリア・シークレットのショーにも起用された経験のあるポーランド出身のスーパーモデル、アンヤ・ルービックが始めた#sexedplについてです。そこから派生して、ポーランドでの性教育、セクシュアリティ、現政権の政策についても突っ込んで…

【アメリカ】シリコンバレーの凄さ|現地で働く人・住む人へ聞いて分かった世界

カリフォルニア州にあるシリコンバレーという地名は聞きつつ、なんとなくどういった会社があるのが分かりながらも、実際に足を運んで、現地にいらっしゃる方の生の声を聞かせていただくと、まだまだ視野が狭かったことに気付かされました。理系人間ではない…

ヨーロッパと日本の下ネタ比較|そもそもセックスの話は下ネタに入らない!?

海外と日本を比べると、どっちが良いという結論で終わりがちですが、今回は良し悪しの話はしません。ヨーロッパでは、性は私たちの生活の一部であり、セックスや性欲は人間として当たり前のことだと認識して話している傾向があるように感じます。

性についてオープンな世界の男性たち ー 性教育は一般教養!知らないと恥ずかしい!

世界と比べてというよりも、日本の性教育が国の発展度を考慮してかなり遅れていると思っています。今回は、何故そのように思うようになったのか、何故性教育ではなくもはや一般教養であるのかについて実際の体験を元にご紹介します。

【Eurocentrism】欧州中心主義|世界は未だを軸に回っている

世界(のどこか)の話になった時、「世界のことを知らなくて恥ずかしいと思ったし、もっと勉強しようと思った」と言う日本人が結構いらっしゃいます。その悔しい気持ち自体は間違っていないと思いますし、学ぼう・知ろうという意欲は本当に素晴らしいと思い…

【ポジティブ・ボディ・イメージ】あなたにとっての完璧って?イギリス人有名歌手のMVより

前回、イギリスの歌手Anne-Marie (アン・マリー) の Perfect To Me (パーフェクト トゥ ミー) についてご紹介しました。今回も引き続き同じ曲についてですが、公式ミュージックビデオに登場する人たちのストーリーも力強く心に響くメッセージを伝えていると…

【ポジティブ・ボディ・イメージ】あなたにとっての完璧でいいの!イギリスの有名歌手からのメッセージ

以前、Positive Body Image (ポジティブ ボディ イメージ) についてを私の体験と共に書きましたが、今回はPositive Body Image (ポジティブ ボディ イメージ) についての洋楽をご紹介したいと思います。ポジティブ・ボディ・イメージだけについてというより…

彼女・彼氏がいないのは悪いこと?|恋人の有無で何が測れるっていうの?

日本ではもちろん、海外でも割と聞かれる質問。「彼氏はいる?」聞いてくる相手に悪気はないと分かっていても、あまりにも同じ質問が多いため、イライラが募ってきました。今回は恋人の有無についての質問に対する批判的な考察です。少々辛口ですがどうぞお…