Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

新卒

時代遅れ?でもテレビ業界に行きたい!新卒で出版社に就職したのに何故?

コロナ禍の就職難が叫ばれる韓国社会で、大学卒業後すぐ念願の出版社で働くことができているにも関わらず、「テレビ業界へ行きたい」と気持ちが変わったからです。新卒で応募していたのは出版社がほとんどだよね?そもそもなんで出版社に就職したいと思った…

韓国人上司と働き方についてモメた話|休日出勤×短納期×長時間労働!?

なぜ韓国の人はそんなに一生懸命働きたがるの?分かんないですね(笑)特に若い人の間では意識が変わってきていて、休日に休むのは当たり前(になりつつある)。ただ、僕らの上の世代には、会社と自分を一心同体のように考える人がいるのも確か。

コロナ前から厳しいアメリカの若者のキャリア|積みたくても日本への入国は2度延期

アメリカでのインターンは本当に使い倒しみたいなの身分なのよね。時給が低いことは当たり前だし、フルタイムと同じ業務内容をさせるのに、交通費だけ出す会社、更には一切賃金を出さない会社まである。若者がいざ仕事へ応募しようとすると、求人票には「〇…

農業界に新卒で就職した女性の本音に迫る|農業は儲けられる可能性が沢山ある上、キツくない!?

ピーマンの畑の統括をされているのはその女性課長。つまり、その女性課長は、日本一の数のピーマンを束ねていると言っても過言ではないってことか(笑)その方は、各地にあるピーマン生産地のリーダーをまとめたり、収穫の予想をしたり、取引先と販売量と価…

中国人面接官が優秀すぎて、日本の新卒採用大丈夫?と思ってしまった話。オンライン移行で更に際立つ相違点

その面接官(たち)は全員中国人なのですが、「彼らってやっぱりすごいな~」と思う点がいくつもありました。中国人面接官は、2人は10分~15分程度、1人は仕事内容の詳しい説明も兼ねての面接だったので、それでも30分が最長でした。

海外大生が正攻法で日本式シュウカツに臨むのが難しい理由5つ&対策法

「こんな感染拡大が続いている状況下でも、まだこんなこと続けるのか」と30%の怒りと、30%の呆れと、30%の焦りと、10%の空虚感で心がいっぱいになったので、あえて、いかに日本式シュウカツが内定と意義を説明できないルールにこだわっているかを表した…

コロナ禍で若者を取り巻く韓国の状況|失業率が高まる中新卒で就職が決定した大学生の声

失業率が高まる中、いわゆる新卒である大学生Aは、就職することができ、働き始めて1週間が経ちました(6月22日現在)。今回もインタビューを引き受けてくれてありがとう。ただ、なんか痩せた!?まあ最近緊張してるから痩せたのかな?

ポーランドでの就職を選んだ理由|ウクライナとの違い&ミレニアル世代キャリアアドバイス

なぜ自国であるウクライナではなくポーランドの大学を選び、ポーランドで就職したのか、をウクライナとポーランドの違いを混ぜながら、又、今後のキャリア、生活はどうしたいと思っているのか、そして、したいことが定まっていない学生へのアドバイスを聞き…

国際関係学修了後ポーランドで現地就職!コンサル企業でアナリストとして働く女性へインタビュー

前回に引き続き、ポーランドの大学院で国際関係学を専攻し、現在某有名コンサル企業のポーランド支社で働くウクライナ人Aへのインタビューです。就職においては不利に働くこともあると言われる国際関係学を学んだ先輩として、国際関係学を学んで良かったこと…

ポーランド留学&現地就職!某有名コンサル企業で働くウクライナ人女性に国際キャリア相談

世界的に有名な某コンサル企業でアナリストとして働いているAに、インタビューした内容をまとめました。Aはウクライナ出身で、ポーランドの大学院で国際関係学を専攻し、今は某有名コンサル企業のポーランドにある支社で働いています。

日本のインターンはなぜ説明会と呼ばないの?海外で働きたい人は少し注意が必要!

「おぉ~、やっと日本でもインターンを受け入れ始めたのか~!働き方とか就職方法も多様になっていくんだろうな~。わーい!」とプチ感心していた矢先、顎が地面い着きそうなほど、口があんぐりした事実を見つけてしまいました。「え、これインターンシップ…