Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

性と生殖に関する健康と権利 - Sexual and Reproductive Health and Rights

【ネタバレ有】こんなに不愉快になった映画は初めてだ『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』

しか~し、ハッピーな気持ちになろうと思って観た2月12日にNetflixで公開されたばかりの『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』を観て、非常にアンハッピーにな気分になりました(泣)と同時にやる気スイッチが入ったので良いんだか悪いんだか分かりませんが…

【ポーランド】19年議会選挙経て未来を担う若者の声|性教育・宗教・性的マイノリティ・少子化対策

2019年10月13日、ポーランドでは上院と下院の議会選挙が行われました。結果は与党(法と正義)の勝利。一般の新聞やネットニュースには、やはり専門的な解説や統計が多く、実際のところ、将来を担うポーランドの若者世代が、政治や今回の選挙結果をどう見て…

【フェミニズム】男女平等って結局どういうこと?フェミニストって名乗るべき?日本にもっと必要なSRHR教育!

世界ジェンダー・ギャップ報告書で既に触れましたが、平等かどうかって何を基準にするかによりますよね。男性だから、女性だからというだけの理由で教育を受ける権利、選挙権、被選挙権、働く権利等、権利が奪われては絶対になりません。誰かが性別だけを理…

【後編】容姿差別、性差別、子どもを持たない選択|ポーランドの性教育・性事情・ルッキズム

ポーランドのタブーに切り込む今シリーズの最終章です。後編は、ポーランドでのあらゆる差別についてです!カットにはインタビュー前に、私がどうしても聞いてみたかったルッキズム(容姿差別)についてポーランドの状況とカット自身の体験も含め、予め考え…

【中編】緊急避妊薬・低用量ピル・避妊方法の選択 | ポーランドの性教育・性事情・ルッキズム

ポーランドは前までは、緊急避妊薬を薬局で購入することができたと聞いたのだけど、これは本当?うん、そうよ。ほんの2、3年前まではね。今日はまず医者に診てもらって、処方箋をもらった上で薬局に行く必要があるわ。とても不便よね。

【前編】ポーランド出身のスーパーモデルが始めた#sexedpl |ポーランドの性教育・性事情・ルッキズム

前編は主に、ビクトリア・シークレットのショーにも起用された経験のあるポーランド出身のスーパーモデル、アンヤ・ルービックが始めた#sexedplについてです。そこから派生して、ポーランドでの性教育、セクシュアリティ、現政権の政策についても突っ込んで…

ヨーロッパと日本の下ネタ比較|そもそもセックスの話は下ネタに入らない!?

海外と日本を比べると、どっちが良いという結論で終わりがちですが、今回は良し悪しの話はしません。ヨーロッパでは、性は私たちの生活の一部であり、セックスや性欲は人間として当たり前のことだと認識して話している傾向があるように感じます。

性についてオープンな世界の男性たち ー 性教育は一般教養!知らないと恥ずかしい!

世界と比べてというよりも、日本の性教育が国の発展度を考慮してかなり遅れていると思っています。今回は、何故そのように思うようになったのか、何故性教育ではなくもはや一般教養であるのかについて実際の体験を元にご紹介します。

日本のSEXはどこまで男性優位なのか|日本語で書かれたSEXに関する記事が相当ヒドイ

かなり腹が立った記事を見つけたので、汚い言葉乱用にならないよう気を付けながら、考えを書きます。腹が立ったと同時に、呆れてしまいました。個人攻撃はしたくないのでリンク等は伏せますが、「生理中の彼女とSEXする方法」を紹介している内容の記事でした…

彼女・彼氏がいないのは悪いこと?|恋人の有無で何が測れるっていうの?

日本ではもちろん、海外でも割と聞かれる質問。「彼氏はいる?」聞いてくる相手に悪気はないと分かっていても、あまりにも同じ質問が多いため、イライラが募ってきました。今回は恋人の有無についての質問に対する批判的な考察です。少々辛口ですがどうぞお…