Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

スペイン人の英語の特徴 | 意外と日本人に近い!?

英語で母音を強く発音して「ハウアーユウ」でもOKですが、英語ネイティブはどちらかというと「ハーワユー」と母音をそこまで強調せず、むしろ消していくような発音の仕方をしますよね。このスペイン人の英語の特徴が良く出る英単語があります。Maintainー保…

【パエリアの本場・スペイン】スーパーで購入可能な魚介類パエリア食べ比べ!

現地のスペイン人にその話をすると、「スーパーのパエリアは買わないわ。自分で作るわよ」とさすがスペイン人!と唸るような答えがいつも返ってきます。が、私は自分一人分だけ作ると多すぎる上、海鮮類を全種揃えようと思うと結構なお値段になってしまうの…

【3月26日】スペインの近況と変化?|マスク着用率・移動制限・緊急事態延長

15日に状況報告をした時と少し変わったかな?と思うところは、マスクをする人が0から10~20%ほどに増えたことです。ご存知の方が多いかとは思いますが、アジア(特に東アジア)以外でマスクを着用することは珍しい為、マスクをしていると「何か重大な病気に…

ポーランド正規留学にあまり向いていない人の特徴5つ|独断と偏見による

ポーランドで大学生活をして分かった「すみませんが、こんな人はポーランドの正規留学に向いてないですよ~」という人の特徴をお伝えします。非英語圏へ留学するデメリットなり、ヨーロッパの冬の記事なり、「なんだコイツ嫌味っぽいな。皆にポーランド留学…

感染症危険情報レベル3のスペイン・バスク州~日曜日明け3月16日の外出とオンライン授業の状況~

日曜日が明け、本来なら大学へ行くはずだった月曜日3月16日ですが、もう皆さんご存知の通り、スペインでは不要不急の外出禁止状態になっています。但し、オンラインでの授業は今日からスタートしたので、ほぼ軟禁状態での留学生活はいかなるものか、少しご紹…

【スペイン】非常事態宣言を受けての現地状況~3月15日バスク州よりご報告~

昨日投稿した記事を書いていた時点では、まだ非常事態宣言が公式には出されていなかったので、スペイン時間の昨日と今日を比較しながら追加で報告します。ちなみに私が住んでいるのはバスク州の中のビルバオという所なので、マドリードやバルセロナ等、他の…

【コロナに関する状況】3月14日スペイン・バスク州現地での影響?

正直言ってここまで大きくなるとは予期していませんでした。日本への一時帰国から2月上旬にスペインへ戻って来て「やれやれ」と思っていましたが、スペインというか欧州全体の状況が日本よりも悪化の一方を辿っているような気がしてなりません。

ポーランド留学サポートも有りGood Friends Japan代表桑原氏に直撃インタビュー!

今回は、バリバリの大手留学斡旋会社とは少し異なる留学サポートをしていらっしゃるGood Friends Japan代表の桑原さんにお話を伺いました。ご多忙の中、2つ返事で快く取材に応じてくださり、Good Friends Japanについてだけでなく、桑原さん自身の人生につ…

「忙しい」を言い訳にする人と付き合ってもロクなことがない理由

周りに「忙しいから〇〇できない。△△ちゃん、やっといてくれない?」「あ~、今日も忙しかったから疲れた。◇◇は明日にしよ」など、忙しさを言い訳にしている人はいませんか。言い訳どころか、「忙しい」が口癖になっている人が思い浮かぶようだったら、それ…

【Beagle Tokyo】羽田空港で深夜・早朝フライトがある時におすすめ!5000円以下で送迎&朝食付き

早朝や深夜のフライトのネックとなるのが、翌日・翌朝の疲れ、宿泊先まで・からの移動手段と時間ですよね。そんな心配をお手頃な値段で解決してくれる宿泊先がBeagle Tokyo Hostel & Apartmentsさんです。最寄り駅(大鳥居駅)から徒歩2分と、駅からの距離が…

ヨーロッパに留学をしたいなら冬に一度訪ねてみることを勧める理由|憧れだけが先走ってない?

このブログへたどり着いてくださった方の多くは、ヨーロッパへの留学、ポーランドへの留学に興味がある人が多いのではないかと思いますが、今回は私自身の体験を踏まえて、何故ヨーロッパに留学するなら冬に一度でも訪ねてみるべきなのかを解説します。

ワルシャワショパン周辺ホテル・ホステルのレビュー|予算を抑えたいおひとり様必読!

ポーランドの玄関口・ワルシャワショパン空港周辺の宿泊先の中で、実際に泊まってみた3か所を、レビューと共にご紹介します。 一人でしか泊まったことがない為、ご家族や恋人同士で宿泊される方には参考にはならないかもしれませんがご了承くださいね。

【ポーランドの役者業界】夢を叶えるため難関演劇学校合格を目指す大学生からナタリアから学ぶ心構え

ポーランドで役者になる方法、演劇学校のシビアさ、実はポーランドの役者業界ではアジア人の方が有利な理由、ナタリアおすすめのポーランド人監督の作品などを聞いてみました。私とナタリアは同じ大学の同じ学部に同時期に入学し、かれこれ3年の付き合いに…

【ネタバレ有】こんなに不愉快になった映画は初めてだ『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』

しか~し、ハッピーな気持ちになろうと思って観た2月12日にNetflixで公開されたばかりの『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』を観て、非常にアンハッピーにな気分になりました(泣)と同時にやる気スイッチが入ったので良いんだか悪いんだか分かりませんが…

【ワルシャワ】一人部屋のあるおすすめホステル!ショパン博物館から目と鼻の先

2人部屋はもちろん、友人同士や家族一同で利用できる3人部屋から6人部屋まであります。もちろんホステルなので、ドミトリーの4人部屋や8人部屋もありますが、今回私が泊まったのは1人部屋です。部屋の掃除が行き届いています。そして、キッチンで無料のコー…

【カプセルホテル】ワルシャワで女性でも安心して泊まれるコスパ抜群ホテル

私は、安全はもちろん確保しつつ、出来る限りコスパ良くを意識して旅行をすることが多いので、よく調べた上で、カプセルホテルに泊まることがあるのですが、友人と話をしていると、まだカプセルホテル=危険、質が悪いと、調べもせず思い込んでいる人がいる…

ポーランドでの就職を選んだ理由|ウクライナとの違い&ミレニアル世代キャリアアドバイス

なぜ自国であるウクライナではなくポーランドの大学を選び、ポーランドで就職したのか、をウクライナとポーランドの違いを混ぜながら、又、今後のキャリア、生活はどうしたいと思っているのか、そして、したいことが定まっていない学生へのアドバイスを聞き…

国際関係学修了後ポーランドで現地就職!コンサル企業でアナリストとして働く女性へインタビュー

前回に引き続き、ポーランドの大学院で国際関係学を専攻し、現在某有名コンサル企業のポーランド支社で働くウクライナ人Aへのインタビューです。就職においては不利に働くこともあると言われる国際関係学を学んだ先輩として、国際関係学を学んで良かったこと…

ポーランド留学&現地就職!某有名コンサル企業で働くウクライナ人女性に国際キャリア相談

世界的に有名な某コンサル企業でアナリストとして働いているAに、インタビューした内容をまとめました。Aはウクライナ出身で、ポーランドの大学院で国際関係学を専攻し、今は某有名コンサル企業のポーランドにある支社で働いています。

短期留学の意義とアドバイス|日本へ留学したポーランド人大学生に質問してきた!

今回は、以前ポーランドの政治についてのインタビューに答えてくれたBが、日本からポーランドへ帰国してきたので、短期留学について体験談やアドバイスを聞いてみました。自分を知る機会にもなるし、可能性を広げることができるし、自立できるし、異なる文化…

【就活】死にたい気持ち・沈んだ気分の時に観る動画|辛い思いをしている人は世界中にいるよ

「自分は一体どこで道を間違えたんだろう」「自分はどこからも必要とされないのかな」「確かに自分なんていなくたって社会は回るよね」「自分にもっと能力・才能があれば」「あの時こうしとけばよかったかな」などとふと思うことはあり、こういったネガティ…

日本の大学 vs 海外の大学『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』を読んで受けた衝撃

高校生のうちに読んでいたら、もっと早くに海外への正規留学を決断していたかもしれません。海外かぶれは大嫌いで、「ほらみろ、海外の大学はこんなに凄いんだ!」「日本の大学は全部クソだ!」なんて言うつもりはありませんし、そんなことは微塵も思いませ…

海外大学合格から渡航までの期間にしたこと・すべきこと10選|失敗談も含めてのアドバイス!

かなり前に問い合わせで、大学合格後から渡航までにしたことを教えてほしい!と質問を受けていたのですが、個人的な都合でかなり先延ばしにしてしまっています。質問者さん、すみません。また、貴重なご質問ありがとうございます。というわけで、今回は、ポ…

【スペイン交換留学】前期取った授業を解説|授業は英語?他国と比べた特徴

さて、今回は私の記憶が新しいうちに、交換留学先のスペインの大学で今学期取った授業とテスト内容をご紹介していきます。因みに、私はInternational Relations(国際関係)を専攻していて、交換先の大学では単位交換できる5つの授業のうち3つは、国際関係学部…

【ヨーロッパ】難民キャンプ支援ボランティアに短期間参加してみて考えた社会と日本の在り方を考察

2018年から2019年の年越しは、難民支援のボランティアを一緒にした仲間たちと過ごしました。これはこれで素敵な思い出になったのですが、今回はこの年越しの話ではなく、難民支援のボランティアに1週間関わってみて、率直な意見と感想、日本も難民を受け入れ…

【韓国学歴社会の実態】就職は?幼少期から勉強漬け?|韓国人大学生のリアルな声と最近の韓国社会

今回インタビューに応じてくれたのは、SKY(ソウルにある三大名門大学の通称)のうちの一校に通う韓国人大学生Aです。Aはネイティブより綺麗な日本語を遣うほど、日本語が堪能なので、この記事を前にシェアして読んでもらっています。

【英会話のLOBi(ロビ)】日本人が英語を話せるようになるメソッドを新たな視点から徹底追究!株式会社LOBi代表高村氏にインタビュー!

今回は、2015年設立の英会話のLOBi(ロビ)・代表の高村創(たかむらそう)様に、英会話のLOBiについてはもちろん、LOBi設立までの経緯、苦労話、英語に向き合う姿勢などなど、マシンガンのごとく質問責めをしました(笑)英会話をしようか悩んでいる人もそうで…

【英語】きっと日本人のごめんはSorryじゃない件|誤解を生まないように気を付けよう

日本人がごめんを口にする回数より、圧倒的に少ないなと感じています。日本人がごめんを意図して言うSorryと、こちらヨーロッパ出身の方々(もちろん国や個人によりますが、今回は相対的な話をします)のSorryは重さが違う、というのが私の結論です。

日本のインターンはなぜ説明会と呼ばないの?海外で働きたい人は少し注意が必要!

「おぉ~、やっと日本でもインターンを受け入れ始めたのか~!働き方とか就職方法も多様になっていくんだろうな~。わーい!」とプチ感心していた矢先、顎が地面い着きそうなほど、口があんぐりした事実を見つけてしまいました。「え、これインターンシップ…

【ヴロツワフ】最高に美味しいアジア料理店を見つけてしまった!ポーランドナンバーワンでは!?

そのお店はなんと、首都・ワルシャワではなく、ポーランド第4の都市ヴロツワフにあります。その名はOsiem Misek 読み方は、オシエム ミセックです!Eight Bowls、8つのボウル=おわんという意味です。お店の名前通り、ボウルに入って出てくる料理が多いです。