Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

【100 Humans】笑い9割涙1割Netflix実験リアリティーショー|アメリカらしさ満載の少し変わった番組紹介

Sponsored Link

f:id:ajaka25:20201024181347j:plain

 

こんにちは、Ayakaです。

 

この記事に辿り着いてくださったということは、もうNetflixには加入していらっしいますよね?

 

残念ながらNetflixでのジブリ映画視聴は、本場日本とアメリカでは不可能ですが(2020年10月現在)、ジブリ以外の面白い、興味深い、笑える、泣ける、気味悪い, etc. 作品なら沢山Netflixにあります。

 

今回は、そんなNetflixに2020年に登場したのリアリティー番組 "100 Humans" が色々と面白いので、ご紹介したいと思います。

 

英語を直訳すると、100の人間みたいになってしまいますが、Netflixの日本語訳は100人の回答となっているようです。

 

▼予告動画が無かったのですが、これが予告にあたるような動画になります。

 

残念ながらこちらでの評価は10段階中5.7とかなり低いですが、真剣に物事を考えるというよりは、面白半分でお笑いリアリティーのような感じで観るのがオススメです。

 

実際、私も真剣に見てしまうと、ふつふつと怒りが沸いてくるかもしれません(笑)実験方法の全てが公正で公平とは言えないのでね。

 

リアリティー番組というと、恋愛系のものが多く、正直私は興味がありませんし、時間の無駄だなと思ってしまいます。

 

※個人的意見です。ご了承ください。

 

しかし、今回ご紹介する100 Humans実験リアリティー番組(筆者が命名)なので、恋愛リアリティー番組によくあるドロドロな感情のもつれや、言葉のふっかけ合い、わざとらしい変なシーンみたいなものはありません。

 

番組が行っている実験は、性別、年齢、性的嗜好、政治的立場、人種、体型等あらゆる属性がバラバラの100人の人間を集め、彼らに1~100の番号をつけ、

 

「人は痛みと快楽どちらを選ぶのか?」「生きるのに最も適した年齢はいつか?」「どちらの性別の方が優れているか?」「あなたは偏見を持っているか?」

 

などのテーマごとに、100人を実験台にして調べるというものです。

 

是非皆さんの目で確かめてほしいので、ネタバレは極力避けますが、笑えるほど「あ~、アメリカだなぁ」というシーンがいっぱいあります。

 

日本人には堂々と「自分に自信あります!」と人前でアピールができる人が多くはないと思いますが、100 Humansに出てきているアメリカ人の回答例にはこんなものがありました。

 

研究者に扮した質問側の出演者が「自分は平均より賢いと思う人は手を挙げて」と聞いたところ80人が、「自分は正直である」には84人が、更に「自分は人よりも偏見が少ない」となると、90人以上が手を挙げたのです。

 

★あわせて読みたい★ /strong>

 

海外に住んだことがあるとはいえ、根はバリバリ日本人の私は「なんだコイツら、どんだけ自信があるんじゃい」と思ってしまいました(笑)

 

が、これは考え方、育ってきた環境、文化の違いなどから生じるものなので、悪いとは言いません。

 

ただ、日本で同じ聞き方をしたら、手を挙げる人は随分と減るでしょうね。

 

もう1つ、アメリカらしさを感じたのは盛り上げ方の上手さです。

 

男性と女性はどちらのほうがよく話すか、という実験内容で、あるゲームの遊び方を、その遊び方を知らない人に説明する機会が設けられました。

 

実験台の1人(彼)が、平均を大幅に超えた語数を歌いながら話したため、実験の計算には入れられなかったのですが、番組最後のサプライズで彼の歌っている映像が100人全員の前で流されたのです。

 

すると会場はたちまち、笑いに包まれました。

 

ここまでは日本と同じだろう、と推測しますが、「アメリカ人って盛り上げ方が本当に上手だな~」と思わされたのはここからの展開です。

 

彼の歌声にあわせて手拍子が始まり、映像に合わせて99人もの他の人々が一緒に歌い始めたのです。

 

歌が終わると、大きな拍手が沸き、歌った彼にハグをしに行く人も沢山。

 

素敵なを感じたシーンでした。

 

これ以上書くと、全てのネタバレになってしまうのでこの辺でストップしますが、最後に1つだけ。

 

先日投稿した記事でも触れたアメリカの人種差別問題についても考えさせられる実験内容も番組に出てきます。

 

あわせて読みたい

 

実験の母数が100人ということもあり、科学的に100%正確だと言える実験結果にはなっていません。

 

しかし、面白半分で見ていても「なるほどな」と、自らの日々の言動偏見に考えさせられる場面が何回かあります。

 

実験しているその場にはいなくても、実験内容を体験しているような気分で見ることができるリアリティー番組です。

 

アメリカに気軽に行くことが難しい今、100 Humansを観て、アメリカについて学ぶ、アメリカの雰囲気を多少味わってみてはどうでしょうか?

 

何度も言いますが、面白半分で観てみてくださいね。

 

英語の勉強にも丁度いいですよ!

 

以上、筆者オススメの少し変わった実験リアリティー番組 100 Humans の紹介でした。

 

★あわせて読みたい★