Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

【コロナに関する状況】3月14日スペイン・バスク州現地での影響?

f:id:ajaka25:20200315024233p:plain

 

こんにちは、Ayakaです。

 

正直言ってここまで大きくなるとは予期していませんでした。

 

日本への一時帰国から2月上旬にスペインへ戻って来て「やれやれ」と思っていましたが、スペインというか欧州全体の状況が日本よりも悪化の一方を辿っているような気がしてなりません。

 

ここから私が書くことは、何の専門知識も持たない一住民として、留学生の目線で、現地で見たこと・聞いたことだけを報告しているだけなので、専門的な話は必ず政府や専門家に相談をお願いします。

 

絶対に、私が書いていることだけを鵜呑みにしないようお願いします。

 

 

 

 

バスク州・ビルバオ

 

f:id:ajaka25:20200314223838j:plain

 

スペインと言っても広いので、まずは私が住んでいる場所から。私は、スペインの北に位置するバスク州の中のビルバオという市に、交換留学生として19年9月から住んでいます。

 

後述しますが、3月12日木曜日までは通常通り大学に通っていました。

 

ビルバオの位置

 

美しい川沿いが有名で、主にビルバオ・グッゲンハイム美術館を目当てに観光に来られる方々をよく見かけます。

 

f:id:ajaka25:20200314223844j:plain

 

私は芸術に詳しくはないのですが、詳しい方ならグッゲンハイム美術館の偉大さがすぐに分かるのではないかな、と思います。かなり有名な美術館です。

 

 

アジア人差別

 

f:id:ajaka25:20200314225052j:plain

 

家族や友人が心配して、日本のニュースで噂になっているアジア人差別について聞いてきてくれましたが、むしろ何のネタも無くて申し訳ないくらい、私に対する嫌がらせは何一つ無いです。

 

フランスやイタリアでの嫌がらせの度合いを超えた、アジア人に対する犯罪をSNS上で知り、ショックを受けましたが、

 

ビルバオで何か直接コロナウイルスに関係することを言われたり、私の近くを通る時にあからさまに口元を覆われるなどはされていません。

 

私の行動範囲が狭いことと、常にイヤホンで何かを聞いていることで、気付いていない部分があるのかもしれませんが、コロナウイルスに関して、日常生活で不快感を感じる、身に危険を感じるような差別は今のところ受けていません。

 

また、大学の校舎に入ってしまえばアジア人という理由だけでコロナを勝手に連想するようなレベルの低い人たちはいないので、コロナの話はしているものの、それは私と全く関係のない、ニュースで流れていたことを話しているような状況です。

 

アジア人が多くはない市に住んでいるので、興味深々で見てくる(ガン見はしょっちゅう(笑))は毎日のようにいますが、それはコロナとは全く関係ありませんね。

 

 

大学休校

 

f:id:ajaka25:20200314230302j:plain

 

バスク州の大学以下の学校は、私の通っている大学が休校になる数日前に、既に休校になっていましたが、

 

私の通っている大学も、3月12日に、3月13日から3月27日まで休校にすることを決定しました。

 

ただ、オンラインで教授が録音した授業を受けられるようになっていて、大学と教授が協力してなるべくカレンダー通りの予定で授業を進めるよう努力されています。

 

そのため完全な休講ではありませんね。

 

生徒のグループプレゼンテーションはさすがにオンラインで出来る環境が整っていないので、そういった程度準備期間の必要なグループ活動は、延期し、学校の閉鎖が終わった後に回すそうです。

 

授業がない分か、いつもより多めにリーディングの課題が出されている感があります(笑)

 

 

3月14日スーパーの状況

 

f:id:ajaka25:20200314231641j:plain


オンラインで在留届を出しているので外務省から毎日発生状況に関するメールを送っていただいているのですが(「たびレジ」に登録している人も受け取れます)、

 

正直私は「ビルバオはマドリードやバルセロナほど大きな都市じゃないし~」とナメていました(反省)。

 

外務省からも、スーパー等での買いだめが起こるかもしれないから注意せよという趣旨の情報をいただていましたが、これもナメていた私。

 

昨日3月13日金曜日の午後、スーパーに行った時点で「あれ品数が少ないかな?」と思ったことにもっと気を留めておくべきだったと思いました。

 

本日3月14日土曜日の午前には写真のような状態になっています。

 

f:id:ajaka25:20200314231100j:plain
f:id:ajaka25:20200314231053j:plain

▲お肉売り場

 

f:id:ajaka25:20200314231030j:plain

▲通常卵が大量に置いてあるコーナー

 

f:id:ajaka25:20200314231036j:plain

▲様々な種類の牛乳があるはずのコーナー

 

f:id:ajaka25:20200314231042j:plain

▲安売りのコーナー


スペインは日曜日にはスーパーを含め、多くのお店が閉まってしまうため、通常の土曜日でも客足は多くなるのですが、

 

これまでの土曜日にさすがにここまで品薄になっているのは見たことがありませんでした。

 

精肉コーナーよりはマシ?であったものの、野菜も普段よりは品数が少なくなっていました。

 

ただ、品物によっては通常通り揃っているものもあり、主に加工食品は品薄という状況ではありませんでした。

 

ちなみに3月13日スペイン時間午後9時10分に届いた在スペイン日本大使館からのメール内容の抜粋は以下

 

【本日の新規事項概要】

◆ 本日、サンチェス西首相が会見を行い,明日(14日)の臨時閣議で「警戒事態」(estado de alarma)を宣言する政令を発出するとの発表を行いました。明日、具体的な措置についてもあわせて発表される予定です。
 
◆ 本日,バスク州政府は,外出制限措置を可能とする衛生緊急事態を<宣言しました。
 
 
 
 ●〇●本日の新規事項●〇● 
 
1 サンチェス首相の「警戒事態」宣言に関する発表
(1)   本日(13日)、サンチェス首相は首相府にて記者会見を行い、明日(14日)の臨時閣議において、憲法第116条第2項の発動による15日間有効の「警戒事態」(Estado de alarma)宣言をスペイン全土に発出するとの発表を行いました。
 
(2)   同宣言は、大規模な災害や感染症等の衛生上の危機的状況等に際して発出することができるものです。同「警戒事態」宣言の発出による具体的な措置については、明日発表される見込みです。 
 
4 バスク州政府の発表本日,バスク州政府は,外出制限措置を可能とする衛生緊急事態を宣言しました。今後も州政府の発表にご注意ください。
 
 
 
 ●〇●注意事項一般●〇●
 
3 その他生活上の注意点等
(1)手洗い・咳エチケットの励行,人混みを避ける等の新型コロナウイルス感染に対する適切な対応をお願いいたします。
 
(2)スペインでも感染者数の増加とともに食料やその他生活用品の買い占めの動きがあります。明日以降在留邦人の方々におかれてば焦らずご対応頂けますと幸いです。

 

 

最後に

 

f:id:ajaka25:20200314233403j:plain

 

このように世界全体がパニックのような状態になり、国境の閉鎖など色々と叫ばれていると、自国ではない場所でビザや滞在許可で期間に制限があって生活している人々、特に留学生は肩身の狭い思いをするな・・・と感じました。

 

直接繋がりのある人ではありませんが、海を越えてきた留学生は、もうセメスターの半分が終わったというのに、本校の事情で交換留学を打ち切られ、泣く泣く自国に帰る羽目になったり、

 

同じ欧州内でも自主的にプログラムを打ち切って、本校へ戻る人もいます。

 

また、この大学が27日まで2週間休校になる間、母国へ帰るという人がいますが、個人的には「う~ん」と色々疑問に感じてしまいます。

 

先述したように専門的な意見ではありませんが、

 

「既にウイルスの拡大が進んでいるスペインのような国から、自国へウイルスを持ち帰るかもしれないのに高いフライト代を出して帰り、また戻ってくるの?オンラインで授業は行われるのだから、今住んでいるスペインのアパートでもできるじゃん?」

 

「だいたい、ビルバオから母国への直行便ってあまり無いから、マドリード、バルセロナ、パリ、アムステルダム、フランクフルトとかビルバオより大きな都市の空港でトランジットがあるはずなのに、安全確保の意味ある?ビルバオの家でじっとしてた方がよっぽど安全じゃない?」

 

と思ってしまいます。

 

また、こんな時が「チャンスだ!」と思い、ビルバオより大きな都市へ旅行へ出かけた生徒もいると聞き、呆れています。

 

出かけたいのは分かりますが、「勉強しなよ・・・」「家でもできること沢山あるじゃん」「ウイルス持って帰って来て、他の人に迷惑がかかるかもしれないのに何考えてんの?」と多少の怒りさえ覚えてしまいます。

 

こういう人がウイルスにかかって教訓になればいいのに、と内心思っていることはここだけの秘密です。

 

皆さんの所ではどうですか?さすがに日本ではマスク以外の買い占めは起こっていないですかね。

 

一刻も早く「あんな時期もあったね」と笑い合って言える日が来るよう願うばかりです。

 

私事ですが、泣く泣くトレドやサラマンカへの旅行をキャンセルしたので、この騒ぎが終わったらすぐにプチ旅行へ行きたいと思います。

 

最後に、この騒動を5年前に予期?していた人物が。

 

そう、ビル・ゲイツです。

 


Bill Gates: The next outbreak? We’re not ready

 

彼は読書の量も質も半端ないので、「やっぱりすごいな」とい陳腐な感想しか私の口からは出てきませんが、

 

彼のように自分の専門領域でなくてもこうして発信ができる人物になりたいなと、このTedを見て思いました。

 

今のような状況の時にも冷静に自分のすべきことを続けることが、彼のようになる一番の近道なのでしょう。

 

この2週間、スペイン語の勉強と大学の勉強、論文の仕上げ、ブログ、読書と、自分のできることとしたいことのバランスを取りながら、着々と地に足をつけていきます。