Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

ヨーロッパに留学をしたいなら冬に一度訪ねてみることを勧める理由|憧れだけが先走ってない?

f:id:ajaka25:20200221072547j:plain

 

こんにちは、Ayakaです。

 

このブログへたどり着いてくださった方の多くは、ヨーロッパへの留学、ポーランドへの留学に興味がある人が多いのではないかと思いますが、今回は私自身の体験を踏まえて、何故ヨーロッパに留学するなら冬に一度でも訪ねてみるべきなのかを解説します。

 

自己紹介をちらっとさせていただくと、私はポーランドの大学へ進学し(正規留学)、現在は交換留学で最後の1年をスペインの大学で勉強しています。ポーランドでの生活は2年でした。ポーランドへは6月に卒業の手続きで短期間戻る予定です。

 

総合評価としては、大学以外での生活も含めて100点満点中120点くらいのポーランドでの大学生活だったのですが、1つだけ先に知っていたらな~と思ったことが。そう、

 

冬の長さ、暗さ、寒さ、寂しさです。

 

f:id:ajaka25:20200222051647j:plain

▲さすがに山以外はこんな感じではないですが、空がこんなに澄んでいることはないです・・・。

 

私のような日本だけで育った人からすると、ヨーロッパはお洒落、綺麗、華やかなどのイメージが強いのですが(少なくとも高校生の私はそう思っていました)来てみてどっこい。

 

確かにそういった一面もあるのですが、冬に現地で生活する分にはそのイメージは当てはまりません。

 

まず何と言っても、寒い!!!

 

イタリア、スペイン、ギリシャなどポ地中海気候の国を除くヨーロッパ諸国が基本そうなのですが、ポーランドは特に盆地であることも大きく影響し、際立って寒いです。

 

ポーランド人は「地球温暖化のせいで最近の冬は暖かいよ」と言ってますが、それでもマイナス2度、3度は当たり前。昔はマイナス10度、15度が当たり前だったそう。

 

気温だけ聞くと大したことがないように思われるかもしれませんが、ポーランドには結構冷たい風が吹いてくるので、実際の温度より体感温度はもっと低いです。

 

f:id:ajaka25:20200222052414j:plain

 

寒さは慣れたとしても、現地人でもやられてしまうのが、暗さです。

 

基本的にヨーロッパには、日本よりも緯度の高い位置にある国々が多いので、日本よりも陽が沈むのが早く昇るのが遅い日々が続きます。

 

ポーランドでは早い日には午後3時半頃には薄暗くなり始め、午後4時には真っ暗なんて日もあります。

 

スウェーデンやノルウェーなど北欧諸国はもっと日照時間が短いことでしょう。

 

晴れ間がある日は100歩譲って「まぁいっか」と思えるのですが、天気の悪い冬の日は気分だだ下がりです。ほぼ1日太陽をお目見えできません。

 

この冬の暗さのせいで、季節性うつ病と言って、冬季に気分がなんとなく落ち込んでやる気が出ないなどのうつ病の症状が出る場合が、慣れているはずの現地人でもあるとのことです。

 

f:id:ajaka25:20200222053110j:plain

 

気分転換をしようにも、日本ほどのエンターテイメントは期待できません。

 

日本には24時間開いているお店が至る所にある他、ゲームセンター、漫画喫茶など嗜好に応じて様々な選択肢がありますよね。

 

ヨーロッパにも無いとは言いませんが、日本ほど充実していなかったり、場所によっては自分の求めるエンターテイメントがありません。

 

もちろん、現地の友だちと出かける、本場の音楽鑑賞へ行くなど、留学中にしかできないこともありますが、毎日それをするわけにはいかないので、寒く暗い中、どれだけ一人で気分を保つことができるかが留学生活の鍵になってきます。

 

ヨーロッパのは、正直どこの国へ行っても美しく、綺麗なので、楽しいのは当です。夏に旅行をすれば、かき入れ時で全体的に活気づいていますし、オープンマインドな旅行客で溢れ返っています。天気もカラッとしていて、日照時間が長いので夜遅くまで人の動きがあります。

 

反対に冬は、1年の中で最も航空券が下がっている時期であるように、ヨーロッパへの旅行ベストシーズンではありません。そんな時期に短期間でも留学してみたい国を訪ねると、現地の生活が完全に体感できるとか言いませんが、少なくとも夏よりははるかに現地のリアルが分かるでしょう。

 

私は憧れだけで留学先を決めてしまっていたふしがありました。

 

結果オーライですが、後悔は全くしていません。ただ、日本よりも長く、暗く、寒い冬のことを考慮していなかったがために、1年目の冬はちょっぴり寂しい思いをしました。

 

冬は、クリスマスや年末年始などビッグイベントがあって、ヨーロッパの人々は家族水入らずで過ごす期間もあります。そんな時、遠い日本から来ている留学生はボッチで過ごさなければいけない場合が普通です。

 

f:id:ajaka25:20200222053922j:plain

 

この期間は大概たかが2週間です。されど2週間。2週間分ボッチの予定を立てないといけないのはなかなか寂しいですよ(笑)

 

以上、話が多少脱線した感がありますが、ヨーロッパに留学したいなら冬に一度でも訪ねてみるべき理由が分かったでしょうか?

 

ネットには、ヨーロッパの良いところばかりが書かれている気がしたので、(私の調べ不足もあって)渡航前にきちんと知らなかったマイナス面もきちんとお伝えしておけたら、と思って書きました。

 

あ、逆にヨーロッパの冬の良い所は、キャミソールで過ごせるくらい室内が暖かいことです!そういった意味では日本の冬は寒いですね(笑)

 

あわせて読みたい!