Live Colorfully

It's not about "having" time. It's about Making time.

Live Colorfully

海外大学合格から渡航までの期間にしたこと・すべきこと10選|失敗談も含めてのアドバイス!

f:id:ajaka25:20200105055805j:plain

 

こんにちは、Ayakaです。

 

かなり前に問い合わせで、大学合格後から渡航までにしたことを教えてほしい!と質問を受けていたのですが、個人的な都合でかなり先延ばしにしてしまっています。

 

質問者さん、すみません。また、貴重なご質問ありがとうございます。

 

というわけで、今回は、ポーランドの大学に合格が決まってから、渡航までにしたこと、そして、私はしなかったもののしておくと良いと思うことをいくつか共有します。

 

f:id:ajaka25:20191222205847j:plain

 

国関係なく、これから海外への進学を控えている人、考えている人の参考に少しでもなればな、と思います。

 

 

 

 

したこと①銀行口座開設

 

f:id:ajaka25:20191222210434j:plain

 

既に日本で自分の銀行口座を持っていない人はもちろん、持っている人も、今一度、現在の銀行口座で本当に良いのか見直してみましょう。

 

銀行によっては、海外で現地通貨引き出しができなかったり、日本から送金してもらう際の送金料・サービス料が他銀行よりかなり高かったり、為替レートが悪かったり、と色々確認してみるべき項目があります。

 

国や地域、ご家族の持っている口座の関係によって、日本のどの銀行口座が良いのかは異なってくるので、勝手にこれがいいよ!と断定することはできないです。すみません。

 

ただ、下に2つ、知っておいて損はない銀行・システムをご紹介しておくので、参考にしてみてください。

 

TransferWise(トランスファーワイズ)

f:id:ajaka25:20191222210831p:plain

画像引用元:https://brand.transferwise.com/logo

 

日本から海外へ送金する際に、一番やっかいなのが、やたら高い手数料と、必ずしも良いとは言えない為替ルートですよね。

 

こちらTransferWise(トランスファーワイズ)は、オンラインで簡単にアカウントが作れ、安く、速く、簡単に海外送金が行えます。

 

ちなみに私もスペインへ来てからは、TransferWiseを使ってスペインの銀行口座に送金してもらうようにしています。

 

日本語でしっかりと使い方の説明が書いてあるので、まずはこちらのTransferWiseの公式ホームページをチェックしてみてください!

 

N26

f:id:ajaka25:20191222213003p:plain

画像引用元:N26 : Una gran alternativa para los profesionales

 

こちらは、日本ではないですが、ドイツのベルリンに本社のあるネットバンクです。

 

ドイツに住まれる方はもちろん、その他ユーロ圏スイスイギリスアメリカに住む方は知っておいて損はないのではないかな~と思います。

 

既に多くのブロガーさんが解説されていますが、特に下のブログが分かりやすかったのでご紹介させていただきます。

this-is-how-we-do.com

 

ウィキペディア情報ですが、近々ブラジルにも進出するみたいなので、世界中のもっと色々な地域で開設できるようになるんでしょうね。

 

公式ホームページこちらです。

n26.com

 

英語か現地語(ドイツ語やスペイン語)しかないのですが、海外に住むのなら取りあえず英語は頑張りましょう(笑)

 

 

したこと②保険加入

 

f:id:ajaka25:20191222213126j:plain

 

これは、海外に在住し続けるのであれば、半年ごと、もしくは毎年、更新していきますが海外で使える保険加入が、ビザ取得のためにも必要になってきます。

 

大学から加入した保険の証明を提出するよう要請されることもあります。

 

日本の保険会社さんが提供している保険もいいですが、私にはちょっと高すぎたので、こちら、International Student Insuranceで一番合うものを検索しています。

 

現地に行ってから加入する方法も無くはないですが、ビザを日本で申請してから行く場合はそれだと間に合わないでしょう。

 

オンラインで加入できない限りは。

 

わたしがInternational Student Insuranceの気に入っているところは、メールなど、問い合わせの返信が早いことと、延長などの変更がしやすいこと、自分に合う保険を一緒に考えてくれることです。

 

特別な営業などはかけて来ませんが、自分からどんどん不明な点は質問すれば、解決するまでとことん付き合ってくれます。

 

 

したこと③健康診断

 

f:id:ajaka25:20191222213706j:plain

 

こちらはしなくていい人もいると思いますが、私の場合は大学から健康診断を提出するように要請されていたので、実家近所の内科で健康診断を受けました。

 

特に必要がなくても、海外に行って暮らす前に、自分の身体のことをよく知っておくのは大事かもしれませんね。

 

何も不安がないのが一番ですが、もしかすると新たな気付きがあり、海外に出てからより気を付けることができるかもしれません。

 

人(国)によっては、予防接種が必要かもしれません。

 

 

したこと ④アルバイト

 

f:id:ajaka25:20191222214536j:plain

 

短期間で、学費や生活費を全部賄えるほど稼ぐことは非常に難しいですが、多少でも稼いでおくと、本当に助けになります。

 

というのも、特に最初の1か月は、日用品を揃えるのに出費をしたり、まだどこでどれを買うのが安いのか分からないので、思った以上に消費してしまいます。

 

また、ダラダラと暇を持て余して動画を見ていたり、友だちと遊んでいたりするだけよりはマシでしょう。

 

もちろんそういう時間も大事ですが。

 

 

したこと⑤日本満喫

 

f:id:ajaka25:20191222214935j:plain

 

この記事に辿り着いてくださった方は海外に興味のある方が多いと思いますが、

 

海外に出ると、日本人としての自分はマイノリティになるので、日本について質問される機会が多くなります。

 

質問されるだけでなく、自分で考える機会も増えることでしょう。

 

日本国内の興味のある所へ旅行するでもいいですし、日本についての本を片っ端から読みあさるでもいいと思います。

 

自分の好きな方法で、海外で暮らし始める前に、日本を満喫してみましょう。

 

やっぱり日本の名所を知らないまま出ると、もったいない感じがありますし、

 

日本の名所や良い所を知らずに海外に出た場合、海外の良い所ばかり目についたり、海外の方が日本より断然優れているなどと勘違いしてしまったり(もちろんそういう所もあると思いますが)することがあります。

 

私の場合は、日本の大名所である富士山に、渡航前登ってきました。

 

f:id:ajaka25:20191222215116j:plain

 

行っていない博物館や美術館で感性を磨く、海、山、川、湖、森など日本特有の自然を満喫してもいいでしょうし、温泉巡り、日本食を食べまくるでも何でもいいですよね。

 

因みに私は、日本国内の美術館にはほぼ足を運んでいなくて、海外の美術館を訪ねても、何が本当の凄さなのか分かりませんでした(笑)

 

日本の問題点をしっかり目で見るという点なら、震災で被害の大きかった東北地方へ実際にツアーで行ってみたり、ボランティアをしてみるも“良い”方法だと思います。

 

 

したこと⑥情報収集

 

f:id:ajaka25:20191222220811j:plain

 

大学へ応募する前からもちろん情報収集はしておくべきですが、合格後も継続的に情報収集をしておきたいですね。

 

外務省のホームページなどでは、最新の情報が手に入りますし、

 

今はブロガーさんが沢山いらっしゃるので、直近で更新され続けているブロガーさんの情報を見ておくのも良いでしょう。

 

 

したこと⑦現地の方とコネクション作り

 

f:id:ajaka25:20191222215930j:plain

 

私自身は、積極的に作ったというより、本当にたまたま知り合いの知り合いがポーランド人だったという理由で連絡を取らせていただことができたのですが、

 

日本人でもそうでなくてもよいので、進学先の現地に着いてから頼ることのできる方を紹介してもらうなり、自分で探すなりしておくと、結構心強いです。

 

今はSNSでいくらでもコネクショは作れますよね。FacebookやInstagramなど。

 

私は、その知り合いの知り合いを通して、私と同じ大学へ通うポーランド人大学生と仲良くさせていただき、

 

SIMカードはどれが良いか、ネットのつなぎ方、空港から住む所までの行き方、大学のオリエンテーション日のスケジュール、どこで買い物をすれば良いか、

 

など本当に色々なことを教えてもらい、時にはサポートまでしてもらいました。

 

やっぱり、現地の方はローカル事情をよく知っていらっしゃるので、頼りになります。

 

 

すべきこと①家族と将来についての話し合い

 

f:id:ajaka25:20191222221543j:plain

 

続いて、私はしなかったのものの、「しとけば良かったな~」と思うことを3つご紹介します。

 

1つ目は、家族と今後について話し合っておくことです。

 

こんなこと書くのは酷かもしれませんが、人間は一生生きられるわけではありませんよね。

 

今は元気ばりばりな、おじいちゃんやおばあちゃん、それより上の世代の身内でも、自分が生きている間に亡くなってしまうことが必然なわけです。

 

家族は、もし身内が入院した・怪我をした、など何かあっても、留学中の娘・息子を心配させまいと、敢えて伝えないことがあるかもしれません。

 

家族が敢えて伝えなかったことで、自分と家族との間になんだか嫌な溝ができてしまったり・・・

 

なんてことにならないためにも、どこまでなら伝えるようにしておいてほしいのか、どこまでなら伝えてもらっても自分の感情をコントロールできるのか、など、渡航前にきちんと向き合っておくのがベストかと思います。

 

 

すべきこと②歴史の勉強

 

f:id:ajaka25:20191222222320j:plain

 

理由は、別の記事に書いたので、読んでいただければと思いますが、

 

歴史、特に世界史振り返っておきましょう。

字だけでなく、絵も入れてあるので非常に見やすいです。

大学受験の前に発売されていたらなぁ・・・と思ってしまいます。

 

同時に日本史も見直しておくと、世界の動きの中で、日本がどのように変化してきたかがよく分かり、

 

大学の授業中でも、「あっ、この時日本はこんな感じだったよね」と思い出し、照らし合わせながら考えることができるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書 [ 山崎 圭一 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/4時点)

楽天で購入

日本史バージョンはこちらです。 ここは2冊同時購入でいきたいですね。

 

 

すべきこと③言語の勉強

 

f:id:ajaka25:20191222222811j:plain

 

大学に合格しているということは、既に授業で使う言語(大抵英語か現地語)はある程度のレベルに達しているはずですが、

 

ある程度ではなく、完璧を目指して今一度勉強しておいた方が良かったな、と個人的には思います。

 

また、授業で使う言語だけでなく、現地語、又(大学で取る予定のある)第二・三外国語を勉強し始めておくと、余裕を持って進学先での生活をスタートさせられると思います。

 

語学力はあるだけあった方がいいですね。

 

持っていて損をすることはないので。

 

f:id:ajaka25:20191222223340j:plain

 

以上、私が大学合格後から渡航するまでにしたことと、

 

私はしなかったもののしておけばもっと良かったなと思うことでした!